公益社団法人日本てんかん協会北海道支部
本文へジャンプ
 
相談メール

fwhk2817@mb.infoweb.nejp

uhh02817@nifty.com





いつでもお待ちいたしております。

(相談員 成田孝四郎)

北海道支部
イメージ


 悩み・課題を共有し、

解決の道を探り出そう!

一人で悩み・苦しみを抱えないでください。
大きな力にはなれなくても、
仲間として
お話を聞くことだけは
できると信じています。
迷わず、支部事務局、相談メール宛
ご連絡をください。


−40周年を迎えた北海道支部−

 
私ども(公社)日本てんかん協会北海道支部は、1978年(昭和53年)9月10日に協会本部評議員会にて承認され、10月1日に札幌市教育文化会館で開催した“日本てんかん協会「北海道支部」設立大会“をもって正式に発足いたしました。本年はその40周年にあたります。この間の皆さまのお力添えに対しまして衷心より感謝申し上げる次第です。
 ささやかではありますが、40周年記念誌を発刊する運びでもございます。
 北海道支部は、その地域性から、なかなか全ての地域にまで活動の輪を広げることができず、現在、釧路を拠点とした道東分会、函館を拠点とした道南分会、旭川を中心として広大な道北全域をカバーする道北分会、そして札幌及びその周辺市町村をエリアとする道央分会の四分会体制で活動しています。
 てんかん医療の進展に係る沢山の報道の陰に、てんかん発作に伴う交通事故等のニュースが重なり、そのたびに課題山積の現状を思い知らされ、また活動の意義や価値についても考えさせられます。
 40年の年月は、歴史の重さ以上に、私たち一人ひとりの記憶の繋がりの連鎖によって形作られたものであり、そこに宿る様々な苦しさも喜びもみな、40年の器に収まっているのだろうと思います。どんな課題もどんな苦悩も、私たちの共有財産です。このことを忘れず、確かに与えられた問題に比して微力ではありますが、皆さまのご支援の下、てんかんにより生ずる不利益克服を目指してこれからも活動を続けて参りますので、変わらぬご指導ご鞭撻の程、改めまして衷心よりお願い申し上げる次第です。




○ 署名活動にご協力を!



  2018年度国会請願署名              
「てんかんのある人とその家族の生活を支える請願書」

 すでに支部に署名を送って下さった方、ありがとうございます。皆さまのお力添えが「波の会」(協会の別名)の力です。
 署名用紙は、空白がたくさんあっても構いません。ご本人お一人だけの署名でも宜しいです。
 署名用紙を追加で必要とされる方は、北海道支部(п@090-9433-6816)にお問い合わせ下さい。

    集約期限  2019年3月末日

 署名は、下記宛てご送付いただければ、幸いです。
〒 078-8219 旭川市9条通り23丁目3-40  梅本 里美 方
(公益社団法人)日本てんかん協会北海道支部


※ 国会請願署名の諸注意について

 1 氏名と住所は、自筆で記入をお願いいたします。
 2 代筆(家族や職場の代表者が構成員《メンバー》の名前をまとめて記載)する場合は、氏名の右横に押印をしてください。(同一人物の筆跡と明らかな場合です)。
   例 Aさんの署名をBさんが代筆した場合、Aさんの名前の右横にAさんの名前の押印が必要です。
 3 住所は、都道府県から記載して下さい。
 4 「〃」「々」「同上」は使用しないでください。
 5 住所は、記入欄からはみ出さないよう、枠内に丁寧に記入してください。



○ お知らせリンク2/終了
 2018.07.01開催予定

・市民医療公開講座のお知らせです。是非ご覧の上、ご参加いただければ幸いです!


○ お知らせリンク1/終了

 
 ・市民公開講座のお知らせです。是非ご覧ください。