支 部 活 動 の 概 要
分会活動は、リンクページをご覧ください       


○北海道保健福祉部に
要望を伝えてきました 
2名訪問
(18.11.21)


 去る1121()に道庁保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課を訪問し、皆様から寄せていただいた様々な声を届けてきました。
 訪問の最大の目的は、「てんかん地域診療連携体制整備事業」の北海道海道における実施の要望です。
 新しい北海道医療計画の中に“専門医による高度な医療が必要な患者に対し、地域における診療連携体制の構築や遠隔医療による対応を進めます。”“未治療のてんかん患者やその家族に対し、てんかんに関する知識の普及啓発等に取り組みます。”“老年期に発症するてんかんに関して医療関係者等への理解の促進に取り組みます”という記述がありますので、その事に対して具体的な取り組みをして欲しいという要望を伝えてきましした。
 残念ながら、今の時点でハッキリとした返事はなかなか出来ないと云うことでした。


○ 全国大会に参加して
(日本てんかん協会第44回全国大会/2017.10.21〜22)

 今年はあいにくの雨で、台風が接近するというアクシデントに見舞われたりと、不安を抱えての状態でしたが、会場と宿泊先も駅のそばで、異動するのに困ることはなかったです。今回から会長が梅本さんにかわり、挨拶やスピーチする姿や笑顔がすてきでした。

 昨年は和歌山大会に参加しましたが、道外に出て旅行している気分を味わいつつ、実際に協会で活動している当事者・家族にお会いして、親睦や情報交換してみるのが魅力を感じております。実際に行ってきて学んだことを生かし、日々の生活の糧と信じて、患者の立場として、仕事や日常生活に前向きに向き合えるようにしたいです。

 来年も参加したいと思い、少しずつでも全国大会の参加資金を貯めて、福岡大会に行けるよう頑張りたいです。
(道央世話人 H・T)


 

 
○ 水戸を終えて/2017.10

 1019日から出発して「フェリー」で「大洗」まで行きました。

土曜日の日中は「偕楽園」に行ったりして楽しみましたが、天気はあいにくの雨でした。食事の時は他の医師達と写真を撮ってくれて楽しかったです。

 2日目は分科会で私は音楽の方へ行きました。

 水戸の帰りは二人で電車にのって東京へ行きました。

 東京の友達と沢山遊びました。  (道央 M・K)




○ 全道世話人ブロック会議報告 /2017.02

 
 去る225()、旭川市《はぷる》にて全道世話人会が実施されました。3時間ほどの会議でしたが、年に一度全道の世話人の皆さんが一堂に会する貴重な機会です。参加された世話人の方の感想などをこの場でご紹介致します。活動報告・活動計画、予算・決算などは4月号にてお知らせ致します。

 

〈ブロック会議に参加して〉 

道南からの参加のせいか、旭川の寒さは本当に応えた。地元の方の話によると、今冬は例年になく暖かいとのこと。同じ北海道を数十年も共有しながら、函館と旭川では、こうも感覚が違うのか。 ほかに、釧路や札幌の方も来られたが、矢張り函館人は軟弱のよう。北海道の真の厳しさを味わっていないのかも知れない。

 ところで、今回のブロック会議は、大勢の世話人が参加され、盛況のうちに閉会を迎えることができたように思う。的を射た意見、創造的な発言、先々の組織のありようを杞憂する、とはいえ決して侮れない想い、正に百家争鳴の感ありの会議であった。小生は、痛く満足した。この空気は、減少傾向にあるといわれる組織のそれとは明らかに違う、澱みのない清々しいものであったからだ。寒さ一つとっても、これ程に相違する感性を持ちながら、てんかんという共通話題に至ったときのベクトルは、その姿を変えてしまうのだろうか。

 ともあれ、無事に2016年度を終え、新たな歩みを獲得できるであろう、貴重な雰囲気を残して散会し、「大雪地ビール館」へ移動。

 真剣な議論のあとの、爽やかな交流会の開始。

 実は小生同行組は、とても不謹慎な思惑をもってこの会議に参加させていただいたのである。なにはなんと、この交流会が目当てだったのである。

本当に失礼な話で申し訳ない。ただ、言い訳がましいことにはなるが、こうした交流会は、普段の緊張した面持ちに風穴をあけ、互いの距離を縮め、延いては少しく安らぎを与えてくれるものである、と言ったら大袈裟だろうかという想いは確かにあるのである。会議の応用編は交流会にある、と思い込んでしまっているのかも知れない。愚か者との謗りを甘んじて受けつつ、これからも根限りこの交流会の意義を広げ、ダイレクトなコミュニケーションへのお誘いを続けたいと考えている。

 あらゆる情報が瞬く間に手に入る時代ではあるが、人の温もりや語りの優しさは、ICTの世界からは入手することはできない。てんかん協会は、そうした空気を共有することのできる数少ない活動団体であると確信する。旭川は、小生に、そんな想いを豊かに感じさせてくれた、とても寒くて、あったかいまちだった。                

 

 


本文へジャンプ
公益社団法人日本てんかん協会北海道支部